宅建試験・最短勝ち抜きマニュアル

宅建で就職に勝つ!

TOP > ページ15

それぞれの利点を知って、自分に合った方法を選択しよう

予算や地理的な条件、時間的な制約など、人によって試験勉強に対する条件は異なってくると思います。確実に試験に合格するためには、自分の生活やライフスタイルに合ったベストは方法を選ぶことが重要なのです。
そこで、資格試験へ向けた勉強の方法として挙げられる3つの選択肢、「独学」、「予備校へ通学」、「通信講座を受講」のそれぞれのメリットとデメリットについて検証してみることにしましょう。

独学のメリット&デメリット

メリット① 費用が安価である
メリット② 手軽に始められる

デメリット① 合格までには時間と努力が必要
デメリット② モチベーションが続かない

独学の最大のメリットは、他の方法に比べて費用がかからないという点。
しかし、最近の宅建試験に対応するためには、問題集やテキスト1冊でOKというわけにはいかず、何冊か買い込まなければならないので、それなりの費用はかかると考えてください。手軽に始められることは魅力なのですが、裏をかえせば手軽にやめられる、ということ。スケジュール管理も自分でしなければならず、モチベーションが続かないので、挫折する人が多いのも特徴です。

通学のメリット&デメリット

メリット① プロの講師の授業を直接聴ける
メリット② 通学することで勉強スケジュールを管理しやすい
メリット③ 受験仲間ができる

デメリット① 教室が遠いと通学できない
デメリット② 忙しいと通学できない
デメリット③ 受講料が高額であることが多い

資格スクールに通学するという方法の最大のメリットは、講師の授業を直接受けられること。その場で質問もできるでしょうし、授業でしか語られない裏情報や勉強のコツなどを教えてもらえるかもしれません。ただし、地理的な制約や時間的な拘束などのデメリットがあることは事実。しかも、受講料が高額になる場合が多いようですので、時間とお金に余裕のある人向けの方法かもしれません。

通信講座のメリット&デメリット

メリット① DVDなどを使って講師の授業をいつでも視聴できる
メリット② 自宅で気軽に勉強できる
メリット③ 通学に比べて費用が安い

デメリット① モチベーションが維持しにくい
デメリット② 講座によって質の差が激しい

仕事が忙しい人や、遠くてなかなか教室に通えないという人でも、自宅でプロの講師の授業を視聴でき、質の高いテキストや問題集を提供してもらえるというのが通信講座のメリット。通学に比べると割安なのも魅力ですね。
ただし、独学と同様にモチベーションの維持が難しいというところと、講座によってカリキュラムの質の差が激しいので、選ぶのが難しいというデメリットがあるようです。

 

勝てる宅建試験勉強法

TOPページへ戻る

Copyright © 2011 宅建試験・最短勝ち抜きマニュアル. All Rights Reserved.
資格サイト集