宅建試験・最短勝ち抜きマニュアル

宅建で就職に勝つ!

TOP > ページ02

宅建の試験範囲には、就職にも日常生活にも使える知識が満載!

この宅建という資格は、不動産業界に就職したい、活躍したいと考えている人にとって無くては成らない資格となっています。
しかし、その他の業界の人や、あらゆる社会人にとっても、宅建の資格はとても有効と言えます。

不動産を融資の対象とする金融関係では、不動産に関する知識が問われますし、住宅メーカーや工務店などの建築関係の企業でも同じ。その他の企業においても、自社の不動産管理などの面で不動産の知識を持つ人材を求めているところは多いでしょう。

このように宅建の資格は、たくさんの企業で必要とされている不動産に関する知識を有していることを的確にアピールする資格であり、あらゆる企業へ就職を希望している人にとって、うってつけの資格なのです。

さらに、宅建資格はビジネスだけではなく、日常生活にも活かされます。
なぜなら、宅建の知識はとても身近なところに関係しているから。
一生のうちで、不動産を売ったり買ったりということは何度も経験できることではないかもしれませんが、少ないながらも知識や重要な決断が迫られる、言わば人生のクライマックスのときと言えます。
そんな重要な局面で、適切な判断を下す材料となってくれるのが宅建の知識というわけです。

さらに、宅建の知識は不動産の売買に限らず、賃貸などにも及んでいるので、自分だけではなく友人や知人の場合を考えても、知識を活かす場面はかなり出てくるはず。特に宅建業法について学習すると、悪徳不動産業者をすぐに見分けることができるようになると思いますので、学ぶ価値はあるでしょう。

また、宅建は法律関係の国家資格の登竜門という位置づけにもなっています。
宅建の試験勉強を通して法律に触れることは、人生にとってとても有意義なこと。
特に民法について学んでおくと、人間関係で思わぬトラブルが起きたときなども、この知識を用いて適切に対処できますし、トラブルを未然に回避することもできるかもしれません。

宅建という資格は、とても広い裾野を持っていて、不動産や金融業界のビジネスにおいて役立つだけではなく、一般人の日常生活でも役立つ知識を与えてくれる、非常に有効な資格であるといえるでしょう。

 

勝てる宅建試験勉強法

TOPページへ戻る

Copyright © 2011 宅建試験・最短勝ち抜きマニュアル. All Rights Reserved.
資格サイト集